男のスキンケア知識やメンズコスメの情報を解説していきます。

男の化粧水についての基本知識

スキンケアで最も重要なのは 保湿です。

肌は洗顔が終わった瞬間から水分の蒸発が始まります。
化粧水の目的は、肌を整える事です。

勘違いしている方もたくさんいらっしゃると思いますが、化粧水を付けただけでは肌は潤いません。
(※成分により変わるので、全ての商品とは限りません。)
水分がたっぷりの肌に油分(クリームや乳液)でフタをするから潤うのです。

化粧水の目的は保湿も出来ますが、あくまで「肌と角質を整える事」です。
化粧水は、スキンケアの定番となっていますが、必ずつけなければいけないというわけではありません。
お風呂上りすぐの潤った肌であれば、クリームや乳液でフタをすればOKなんです。
ですが、洗顔後すぐは水分の蒸発が驚くほど速いため、老化や肌トラブルを防ぐためには化粧水は 付けた方がいいと言えるでしょう。

化粧水はただたくさんつければいいと言うわけではない

化粧水は主成分がほぼ水なので、たくさん付ければ付けるほどいいと言うわけではありません。
お風呂などに使った時の手を見ればわかると思いますが、水分を入れすぎてふやけた肌は、 よけいに乾燥してしまう恐れがあります。

そこで大切なのが、パッティング。
パッティングとは、手のひらで優しく顔を抑えながら化粧水をゆっくりと浸透させてあげる方法の事。
手の体温で温まった化粧水は、より浸透性が高くなると言われています。
大切なのは、「量」ではなく、じっくり時間をかけて「浸透」させることです。

正しい化粧水の使い方

1.洗顔後、清潔なタオルでそっと水気を拭き取る すすぎ終わった後は清潔なタオルでそっと水気を拭き取ります。
ゴシゴシしてはいけません。

2.適量手に取る 化粧水に記載されている適量を手に取ります。
(100円玉大ほどなどが裏面や説明書などに記載されています。)

3.手のひらに広げます 化粧水を手に取った後、両方の手のひら、指先まで全体にひろげます。

4.肌になじませていきます 手のひらのローションを 頬 → 鼻 → 額 → アゴ と、 やさしくおさえるような感じで馴染ませていきます。
ゆっくり行うと、より浸透しやすくなります。

5.手に残った化粧水で細かい部分になじませます 手に残った化粧水で、目元、口元、小鼻回りなどを丁寧に馴染ませていきます。

6.もう一度2~5を繰り返す もう一度2~5を繰り返します。物足りないなと感じる方はさらにもう一~三度繰り返します。

7.クリームか乳液でフタをする 放っておくと水分はどんどん蒸発して乾燥してしまいますので、化粧水のあとはクリームや乳液でしっかりフタをしましょう。

肌のベタつきに悩んでいるのなら

よくドラックストアなどで男性用化粧品を見ると、 「エタノール」や「メンソール」が多量に含まれているスキンケアをよく見かけます。

エタノールやメンソール系は確かに使用感はさっぱりとして気持ちが良く、男性に好まれるのですが、 実は肌のベタつきに悩んでいる男性にはあまりおすすめできません。

何故かと言うと、肌は乾燥すると肌の防衛機能からさらに「皮脂」を過剰分泌して肌を保湿しようとするからです。
さらに、皮脂が多い肌は紫外線で焼けやすく、年を重ねた時にシミやシワの原因になることが考えられます。
男も女も女性も同じで、10年後の肌をつくるのは今のケアです。
これからの肌を考えていくならきちんとしたスキンケアを心がけていくようにしましょう。

▲ページトップへ